ながら勉強と英語@やり直し英語

海外旅行後の英語ケア
海外旅行後も英語習得には重要な時期だと思います。旅先での英語の力試しに成功すればそれだけモチベーションがあがりますし、逆にうまく英語での意思疎通ができなかったとすればそのときの悔しさをバネに英語に取組む事ができると思います。英語の失敗を単なる苦い思い出にするか、英語上達のきっかけにするかは、帰ってきてからの行動次第ですね。

学校の英語
日本人のほとんどの人が学校で英語を学んでいます。ところが、実際に英語を使える人は数えるほどしかいません。学校での英語学習はムダだったのでしょうか?知識に重点が置かれた学習をしてしまったからでしょうか。英語の成績はいいのに、実際に英語を使えないという人は珍しくありません。これでは折角の英語の知識ももったいないですね。

社内公用語
社内公用語として英語を採用する日本の企業も出ています。海外の企業なら当たり前と思っていましたが、いよいよ日本の企業もグローバル化に対応すべく、日本語にこだわる姿勢を捨てだしたということでしょうか。仕事をする上で、社内外で英語が重要になっていきそうです。

技術屋に求められる英語
昔の技術屋は英語力を問われることはほとんどなかったでしょう。しかし、近頃は技術屋も英語抜きでは仕事しにくくなってきています。というのも最新情報やマニュアルなどの多くが英語でしか手に入らないという場合が多いからです。また企業の生産活動はグローバル化が進んでおり、せめて英語くらいは話せないと海外との連携がスムーズにいかないということもあります。技術屋もこれからは英語力は大事です。

年齢と英語やり直し
英語をやり直すのに年齢は関係ないです。年齢を理由に英語のやり直しに戸惑うのは適切では無いです。実際60代、70代でも英語にチャレンジする人もいます。英語は英語だけが終点ではなく、身につけるとその先にまた新しい可能性が開けてきます。年齢をいい分けてしていてはすごいチャンスを逃しかねません。英語は始めたいと思ったときが一番いいタイミングですね。

ながら学習とながら勉強と英会話・英語情報&評判のいい英語学習法にちなんだ話題.札幌と英語のこと(たのしむ英語)について.

英語のやりなおす人たちの動機を調べてみると、実に様々です。海外旅行や海外出張、海外転勤など海外に行く事が直接の動機となっている場合や、テレビ会議など社内でのコミュニケーションに英語が必要という場合もあります。生涯学習や趣味の範囲で英語を始める人も多い一方で、仕事・ビジネスで必要性を感じ英語を始める人も多いです。英語を始める人はサラリーマンや自営業者のほか、経営者や公務員、主婦などさまざまです。いずれにしても生活や仕事にどんどん浸透してきている英語に対し、重要性や必要性を認める人は増えています。いつまでも知らん顔で英語から逃げてるよりも、いっそのこと積極的に立ち向かったほうがいいのかもしれません。英語ができて損することはないですからね。身近なところで映画が英語のまま楽しめますし、ベストセラーなども英語の原著で楽しむこともできます。インターネットを開けば、英語でしか手に入らない最新情報や最先端情報がいろいろあります。英語によって世界はますます広がりますね。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved