生活(ライフスタイル)英語@やり直し英語

英語をやり直す順番
英語をやり直すなら、失敗した前の学習方法をしっかり反省して活かしましょう。もしかしたら「読む」「書く」が主体の英語学習になっていたのではないでしょうか?英語を身につけるなら「聞く」「話す」「読む」「書く」の順が最も自然です。この順序だから幼児でも英語を身につけます。数十個の言い回しを覚えたときの達成感より、たった一つのセリフが聞き取れたときの感動のほうが大きいです。モチベーションも維持しやすい英語学習の順序です。

高校でも英語教材
高校の英語教育は文部省の指導要領に従ったかたちで行われています。ですので、全くオリジナルな英語教育をするのは難しいです。それにもかかわらず、聞き流すだけでおなじみの英語教材・スピードラーニングを教育現場に導入した高校が現れました。導入後の評判も結構いいそうです。勉強嫌いが開発したスピードラーニングを高校が認めるというのも面白いことですね。

海外旅行後の英語ケア
海外旅行後も英語習得には重要な時期だと思います。旅先での英語の力試しに成功すればそれだけモチベーションがあがりますし、逆にうまく英語での意思疎通ができなかったとすればそのときの悔しさをバネに英語に取組む事ができると思います。英語の失敗を単なる苦い思い出にするか、英語上達のきっかけにするかは、帰ってきてからの行動次第ですね。

英語のやる気
英語学習のやる気はどんなときにアップするでしょうか?まずは英語を始めようと決意したときですね。そして、身近な誰かの英語習得の成功体験を聞いたときとか、英語学習をしていてふと英語のフレーズが聞き取れたとかの手応えを感じたときとかでしょうね。英語学習のやる気を高いレベルで維持するためには、ライバルたちと情報交換したり、手応えを感じられる学習方法を選ぶことも大事になってくるでしょう。

幼児から英語
幼児から英語を始める家庭は結構多いです。背景には子供英語教材の充実があります。子供たちが自然に英語に興味を持ち、英語遊びしているうちにナチュラルな英語の発音を身につけていくというよくできた教材があります。これなら子供の英語教育に親の英語力は関係ないです。逆に子供の英語力に刺激されて、親も英語を始めるというケースもあるようです。面白い現象ですね。

トレーニングと英会話(英語)@社会人のことです.ライフスタイルと英語も英会話も/英語失敗は水に流して/やり直そう.

英語のやりなおす人たちの動機を調べてみると、実に様々です。海外旅行や海外出張、海外転勤など海外に行く事が直接の動機となっている場合や、テレビ会議など社内でのコミュニケーションに英語が必要という場合もあります。生涯学習や趣味の範囲で英語を始める人も多い一方で、仕事・ビジネスで必要性を感じ英語を始める人も多いです。英語を始める人はサラリーマンや自営業者のほか、経営者や公務員、主婦などさまざまです。いずれにしても生活や仕事にどんどん浸透してきている英語に対し、重要性や必要性を認める人は増えています。いつまでも知らん顔で英語から逃げてるよりも、いっそのこと積極的に立ち向かったほうがいいのかもしれません。英語ができて損することはないですからね。身近なところで映画が英語のまま楽しめますし、ベストセラーなども英語の原著で楽しむこともできます。インターネットを開けば、英語でしか手に入らない最新情報や最先端情報がいろいろあります。英語によって世界はますます広がりますね。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved