英語が通じる国や地域

英語が役にたつ国や地域を概要とともにまとめました。

国・地域主な言語メモ
アメリカ【公用語】英語|スペイン語など
カナダ【公用語】英語、フランス語
シンガポール共和国【公用語】英語、中国語、マレー語、タミル語
フィリピン共和国【公用語】タガログ語、フィリピノ語、英語
ブルネイ・ダルサラーム国マレー語、中国語、英語、タミル語
マレーシア【公用語】マレー語|英語、中国語、タミル語
インド【公用語】ヒンディー語|【補助公用語】英語|ほか地方公用語
ブータン王国【公用語】ゾンカ語|ネパール語、英語など
オーストラリア【公用語】英語
参考:「imidas」「Wikipedia」など


英語で何ができる

中学校と英語
昔は中学校から英語の授業が始まりました。そして多くの子供が始めて英語を習い出す状態でした。幼児英語や赤ちゃん英語が珍しくない今では考えられないような状況ですね。時代とともに英語の重要性が高まってきているということですね。英語学習の内容も昔とはかなり違っています。

石川遼選手の英語上達
石川遼選手といえば若いのに人気も実力も兼ね備えたプロゴルファーです。しかも海外での英語でのインタビューにも難なく自分の英語で受応えしています。ゴルフも英語もしっかり自分のものにしている感じですね。そんな石川遼選手の英語の学習方法は聞き流すだけの「スピードラーニング」だそうです。忙しい遼選手だけにスキマ時間でできるこの方法がピッタリだったのでしょうね。

英語学習の継続
英語学習は続けないと意味がないです。逆にいうと続かない英語学習は始めるだけムダですね。続かない理由は何でしょうか?「忙しくなった」「最初から無理があった」「手応えが感じられない」「面倒になった」「難しすぎる」などなど。こうならないように英語の学習方法は選びたいものです。それには実績や学習ストレスなどに着目した方法選びが大事です。

英語の成功イメージ
英語の成功イメージを描くことは英語学習を続ける上ですごく大事なことかもしれません。もし、これまでの英語学習の失敗で自信を失いかけているのでしたら、まずは自信を取り戻す事が大事かもしれません。半信半疑で英語学習を続けても効果が半減しかねません。英語ができるようになった自分をイメージしてどんないい事があるか?どんないい思いができるかを想像して楽しむことも英語習得に役立つかもしれないです。

誰でもできる英語
英語は方法次第で誰でも身につけられるはず。実際、英語圏の国や地域に行けばみんなが当たり前のように英語を話します。英語が身につかないのは、英語の学習方法に問題があるからの場合が多いです。間違った方法で自信を失う前に、実績のある英語学習方法に変えてみることも大事です。方法には相性もありますので、いつまでも結果の出ない方法にこだわることはないですよ。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved