英語が通じる国や地域

英語が役にたつ国や地域を概要とともにまとめました。

国・地域主な言語メモ
アメリカ【公用語】英語|スペイン語など
カナダ【公用語】英語、フランス語
シンガポール共和国【公用語】英語、中国語、マレー語、タミル語
フィリピン共和国【公用語】タガログ語、フィリピノ語、英語
ブルネイ・ダルサラーム国マレー語、中国語、英語、タミル語
マレーシア【公用語】マレー語|英語、中国語、タミル語
インド【公用語】ヒンディー語|【補助公用語】英語|ほか地方公用語
ブータン王国【公用語】ゾンカ語|ネパール語、英語など
オーストラリア【公用語】英語
参考:「imidas」「Wikipedia」など


英語で何ができる

英語の会議
日本国内にいても英語の会議が珍しくなくなってます。社内会議などでもオンラインを使って海外とリアルタイムに海外することもあり、国内の会議といえども日本語にこだわっている場合ではないようです。海外に行かなくても英語がどんどん浸透してきています。

慣れない英語の発音
日本人にとって慣れない発音が多い英語は習得が難しい言語かもしれません。でも、慣れない音なら慣れればいいんです。もちろん慣れるためには繰り返し聞く必要がありますが、なれることで英語は克服できるはず。英語の学習は、表現方法を覚えるより先に、音に慣れることのほうが本当は大事かもしれません。音になれて聞き取る力がついてくれば自信にもなりさらにモチベーションも上がってきます。英語習得のポイントはまずは音だと思いませんか。

わが子に英語
わが子が小さいうちから英語を始めさせる人たちは多いです。英語は小さいころの習い事の定番の一つですね。ますます重要になりそうな英語ですから、無理なく習得できるのがいいことですね。近頃は親の英語力に関係なく子供たちに質の良い英語教育を受けさせられる環境が整っています。英語で苦労した人ほど子供には英語で苦労させたくないと思うのかもしれませんね。小さいころの英語教育は、そのときにしかできない親からのかけがえのないプレゼントになるかもしれませんね。

英語のやる気
英語学習のやる気はどんなときにアップするでしょうか?まずは英語を始めようと決意したときですね。そして、身近な誰かの英語習得の成功体験を聞いたときとか、英語学習をしていてふと英語のフレーズが聞き取れたとかの手応えを感じたときとかでしょうね。英語学習のやる気を高いレベルで維持するためには、ライバルたちと情報交換したり、手応えを感じられる学習方法を選ぶことも大事になってくるでしょう。

海外旅行前こそ英語
海外旅行前こそ英語ですね。海外旅行が近づくにつれて、英語に対するモチベーションも集中力も高まりやすいのでこのチャンスを逃す手はありません。でも海外旅行が近づいてくると仕事の区切りや、旅行準備など他のことも忙しくなってくるので、できるだけ早く始められることと、隙間時間を有効に使える英語学習がポイントになりそうです。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved