グーグルの話を直接理解できる人・できない人

英語でしか得られない情報がある

今やグーグル(Google)は、知らない人がいないくらい定番の検索サイト。

日本で人気のヤフー(Yahoo!)も、検索結果はグーグル(Google)の仕組みが採用となり、インターネットでの集客を考えるとき、ますますグーグルは大きな存在となりました。

そんなグーグルの公式発表は【英語】。 動画でもいろいろな発表や、重要な質問に対する回答が 行われてますが、全て【英語】。

誰かが日本語に訳すのを待ってたら、次の重要な発表が出ちゃったり・・・。

SEO先進国のアメリカの生きた情報

アメリカはインターネットの集客の先進国。 ですので、ネットでの集客に関する興味深いイベントや情報がいろいろあります。

例えば「SES Conference & Expo」なら、検索エンジンでの集客や、リスティング広告での集客、売れるサイトにするためのコツや考え方などについて、最新の生きた情報が学べます。

英語でしか 得られない最新の情報を生かすには、やはり英語力がポイント。

日本語に訳されるのを待ってたら(訳されるかどうかも分かりませんが・・・)、せっかくの優位性はどんどん薄れてしまいます。

ところで、インターネットの集客についての情報は今では氾濫してます。 その中には「間違った情報」や「期限切れの情報」も混在してます。

効果のない情報に振り回されたり、間違った情報に基づいた施策で 大事なサイトがペナルティを受けたら大変です。 信頼できる本物の情報を学ぶことで、新たな情報が、有用か危険かを判断する力も養えます。


英語で何ができる

誰でもできる英語
英語は方法次第で誰でも身につけられるはず。実際、英語圏の国や地域に行けばみんなが当たり前のように英語を話します。英語が身につかないのは、英語の学習方法に問題があるからの場合が多いです。間違った方法で自信を失う前に、実績のある英語学習方法に変えてみることも大事です。方法には相性もありますので、いつまでも結果の出ない方法にこだわることはないですよ。

小学校と英語
昔と違って小学校から英語の授業は始まります。でも近頃は幼児のころから英語に触れている子も多いので、スタート地点にばらつきがあります。英語ははやくから始めたほうがいいといわれてますので、早く始めた子は有利なのかもしれません。でも、もちろんがんばり次第で小学校からでも遅くはないです。

海外の生活習慣
海外には日本人が驚くような生活習慣があります。海外旅行などでその習慣を知らないばかりに、恥をかいたりトラブルに巻き込まれることもあります。海外に行く際は英語もそうですが、その土地特有の習慣についても予習しておきたいですね。海外での習慣を題材に英語を勉強できると一石二鳥で便利ですね。スピードラーニングにはそんな海外での習慣が題材になっている巻もあります。いいですね。

英語学習の継続
英語学習は続けないと意味がないです。逆にいうと続かない英語学習は始めるだけムダですね。続かない理由は何でしょうか?「忙しくなった」「最初から無理があった」「手応えが感じられない」「面倒になった」「難しすぎる」などなど。こうならないように英語の学習方法は選びたいものです。それには実績や学習ストレスなどに着目した方法選びが大事です。

幼児から英語
幼児から英語を始める家庭は結構多いです。背景には子供英語教材の充実があります。子供たちが自然に英語に興味を持ち、英語遊びしているうちにナチュラルな英語の発音を身につけていくというよくできた教材があります。これなら子供の英語教育に親の英語力は関係ないです。逆に子供の英語力に刺激されて、親も英語を始めるというケースもあるようです。面白い現象ですね。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved