意外に敷居が低い輸入ビジネス

「難しそう!」第一印象であきらめる人が多いから、逆にチャンス

輸入ビジネスで大きな成功をしている人がたくさんいます。 「昔の話でしょ」と思うかもしれませんが、意外にまだまだチャンスがある分野です。

しかも、近頃は輸入ビジネスについて、手取り・足取り解説された本も手に入りますので、気軽に輸入ビジネスを垣間見ることもできます。 (昔なら、飛び込まないと分からなかった世界が、本で読めるって便利になりましたね。)

輸入ビジネスって、「難しそうだから・・・」と食わず嫌いな感じで、敬遠されるというか、後回しにされる傾向があります。 実はそこにチャンスがあるんですね。

どんなビジネスも、「うまくいく」ということが知れ渡ると、あっという間に競争の世界になってしまいます。 ところが輸入ビジネスは、「難しそう」というイメージがなかなか払拭されないです。

海外に関連したいろいろな問題や事件が、そんなイメージを次々につくりだすのでしょうか? でも実際のビジネスでは、全ての国を相手にする わけではないので、自分で大丈夫そうな相手を選べば いいだけなのに。

海外には、日本人がまだ知らない ヒット商品がたっぷり

日本人に知られていない、いい商品、ヒット商品を紹介できるって、ワクワクできる仕事ですね。

海外に目を向けると、「これ、こんなに安いの!」と驚く商品も見つかります。

それもそのはず。 日本では当たり前の「モノに対する感覚」は、実は海外とかなり違います。 海外では、モノはいいけど、【高い】という定説の日本製に 慣れた日本人の感覚が、海外のモノを新鮮に感じさせてくれます。

そういう商品を見つけて、調達して、自分で値段をつけて売るという仕事。

海外の人とのコミュニケーションが大事な仕事です。

英語が使えれば、商品探しの地域や国も多いので、選択肢が広いですね。


英語で何ができる

英語の会議
日本国内にいても英語の会議が珍しくなくなってます。社内会議などでもオンラインを使って海外とリアルタイムに海外することもあり、国内の会議といえども日本語にこだわっている場合ではないようです。海外に行かなくても英語がどんどん浸透してきています。

慣れない英語の発音
日本人にとって慣れない発音が多い英語は習得が難しい言語かもしれません。でも、慣れない音なら慣れればいいんです。もちろん慣れるためには繰り返し聞く必要がありますが、なれることで英語は克服できるはず。英語の学習は、表現方法を覚えるより先に、音に慣れることのほうが本当は大事かもしれません。音になれて聞き取る力がついてくれば自信にもなりさらにモチベーションも上がってきます。英語習得のポイントはまずは音だと思いませんか。

わが子に英語
わが子が小さいうちから英語を始めさせる人たちは多いです。英語は小さいころの習い事の定番の一つですね。ますます重要になりそうな英語ですから、無理なく習得できるのがいいことですね。近頃は親の英語力に関係なく子供たちに質の良い英語教育を受けさせられる環境が整っています。英語で苦労した人ほど子供には英語で苦労させたくないと思うのかもしれませんね。小さいころの英語教育は、そのときにしかできない親からのかけがえのないプレゼントになるかもしれませんね。

英語のやる気
英語学習のやる気はどんなときにアップするでしょうか?まずは英語を始めようと決意したときですね。そして、身近な誰かの英語習得の成功体験を聞いたときとか、英語学習をしていてふと英語のフレーズが聞き取れたとかの手応えを感じたときとかでしょうね。英語学習のやる気を高いレベルで維持するためには、ライバルたちと情報交換したり、手応えを感じられる学習方法を選ぶことも大事になってくるでしょう。

海外旅行前こそ英語
海外旅行前こそ英語ですね。海外旅行が近づくにつれて、英語に対するモチベーションも集中力も高まりやすいのでこのチャンスを逃す手はありません。でも海外旅行が近づいてくると仕事の区切りや、旅行準備など他のことも忙しくなってくるので、できるだけ早く始められることと、隙間時間を有効に使える英語学習がポイントになりそうです。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved