意外に敷居が低い輸入ビジネス

「難しそう!」第一印象であきらめる人が多いから、逆にチャンス

輸入ビジネスで大きな成功をしている人がたくさんいます。 「昔の話でしょ」と思うかもしれませんが、意外にまだまだチャンスがある分野です。

しかも、近頃は輸入ビジネスについて、手取り・足取り解説された本も手に入りますので、気軽に輸入ビジネスを垣間見ることもできます。 (昔なら、飛び込まないと分からなかった世界が、本で読めるって便利になりましたね。)

輸入ビジネスって、「難しそうだから・・・」と食わず嫌いな感じで、敬遠されるというか、後回しにされる傾向があります。 実はそこにチャンスがあるんですね。

どんなビジネスも、「うまくいく」ということが知れ渡ると、あっという間に競争の世界になってしまいます。 ところが輸入ビジネスは、「難しそう」というイメージがなかなか払拭されないです。

海外に関連したいろいろな問題や事件が、そんなイメージを次々につくりだすのでしょうか? でも実際のビジネスでは、全ての国を相手にする わけではないので、自分で大丈夫そうな相手を選べば いいだけなのに。

海外には、日本人がまだ知らない ヒット商品がたっぷり

日本人に知られていない、いい商品、ヒット商品を紹介できるって、ワクワクできる仕事ですね。

海外に目を向けると、「これ、こんなに安いの!」と驚く商品も見つかります。

それもそのはず。 日本では当たり前の「モノに対する感覚」は、実は海外とかなり違います。 海外では、モノはいいけど、【高い】という定説の日本製に 慣れた日本人の感覚が、海外のモノを新鮮に感じさせてくれます。

そういう商品を見つけて、調達して、自分で値段をつけて売るという仕事。

海外の人とのコミュニケーションが大事な仕事です。

英語が使えれば、商品探しの地域や国も多いので、選択肢が広いですね。


英語で何ができる

社内公用語
社内公用語として英語を採用する日本の企業も出ています。海外の企業なら当たり前と思っていましたが、いよいよ日本の企業もグローバル化に対応すべく、日本語にこだわる姿勢を捨てだしたということでしょうか。仕事をする上で、社内外で英語が重要になっていきそうです。

内緒で英語を始める
失敗したときの事を考えるとなかなか英語を始めた事を言い出せない人は多いと思います。ですので、ある程度力がつくまでは英語を始めた事を知られたくないのなら、だれにも気づかれずにできる英語学習方法はどうでしょうか。しっかり実績もある方法です。例えば聞き流すだけの「スピードラーニング」、アルクのヒアリングマラソン、ユーキャンのピンズラー英語などなどの英語教材なら自宅でこっそりできますね。

高校でも英語教材
高校の英語教育は文部省の指導要領に従ったかたちで行われています。ですので、全くオリジナルな英語教育をするのは難しいです。それにもかかわらず、聞き流すだけでおなじみの英語教材・スピードラーニングを教育現場に導入した高校が現れました。導入後の評判も結構いいそうです。勉強嫌いが開発したスピードラーニングを高校が認めるというのも面白いことですね。

英語しだいの海外旅行
英語ができるか英語ができないかで海外旅行は違うものになりますね。英語ができれば楽しみも増えます。英語ができなければ、ちょっとしたことで悔しい思いをしたり、恥ずかしい思いをすることも。英語圏の国や地域に関わらず、英語ができるかどうかはすごく重要です。旅先の母国語や公用語ができなくても案外英語だと何とかなることも少なくないですからね。

英語をやり直す順番
英語をやり直すなら、失敗した前の学習方法をしっかり反省して活かしましょう。もしかしたら「読む」「書く」が主体の英語学習になっていたのではないでしょうか?英語を身につけるなら「聞く」「話す」「読む」「書く」の順が最も自然です。この順序だから幼児でも英語を身につけます。数十個の言い回しを覚えたときの達成感より、たった一つのセリフが聞き取れたときの感動のほうが大きいです。モチベーションも維持しやすい英語学習の順序です。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved