実はうかうかしてられない

英語が得意な世代が迫る

2011年から正式に導入の小学校英語が話題となりました。 これはつまり、その10数年後には、そんな英語世代と共に仕事をするということ。

10年以上先の話と安心はできません。 実際は、英語が得意な世代は もっと早く あなたの仕事に場にやってきます。 なぜなら、子供への英語の取組みは 実はもっと前から活発になっていたからです。

近頃では幼児用の英語教材や、英語教室が充実しており、親の英語力とは関係なく、早くから子供に英語を始めさせる家庭は多いです。

小さい頃から質のいい英語に触れられる環境は、昔なら限られた家庭だけの話でした。 ところが、いまでは簡単に、しかも意外にリーズナブルに、子ともに英語学習の環境を整えることができます。 親の英語力は一切関係なし。むしろ、親も一緒に英語を始めるというケースも多いです。

子ども向けの英語学習は、子どもが自然に夢中になれるような仕組みになっています。 子供たちが、いきいきと英語に夢中になっている姿を見ると、「英語ってこうやって学ぶのが一番なんだよな」と感じます。

例えば、幼児英語教材では「ディズニーの英語システム」「アルクの幼児英語教材」「ベネッセ・こどもちゃれんじイングリッシュ」などが有名です。

子どもがいる人以外は、なかなか見る機会がないかもしれませんが、サンプルDVDなどに紹介されている、ホントに自然に英語に親しむ子どもたちを見ると、羨ましくさえ思えてきます。

そういう小さい頃から英語に親しんだ世代が、社会に出てくるのですから、ウカウカしてられないですね。

今や 英語など語学が得意なほど、ビジネスは やりやすい世の中ですし、その人の評価も上がりがち。 そして、今後その傾向はますます強まるはず。

英語が得意な世代が、経験や実力をつけて 迫ってくる前に、英語の準備すすめましょう。


英語は当たり前

中学校と英語
昔は中学校から英語の授業が始まりました。そして多くの子供が始めて英語を習い出す状態でした。幼児英語や赤ちゃん英語が珍しくない今では考えられないような状況ですね。時代とともに英語の重要性が高まってきているということですね。英語学習の内容も昔とはかなり違っています。

石川遼選手の英語上達
石川遼選手といえば若いのに人気も実力も兼ね備えたプロゴルファーです。しかも海外での英語でのインタビューにも難なく自分の英語で受応えしています。ゴルフも英語もしっかり自分のものにしている感じですね。そんな石川遼選手の英語の学習方法は聞き流すだけの「スピードラーニング」だそうです。忙しい遼選手だけにスキマ時間でできるこの方法がピッタリだったのでしょうね。

英語学習の継続
英語学習は続けないと意味がないです。逆にいうと続かない英語学習は始めるだけムダですね。続かない理由は何でしょうか?「忙しくなった」「最初から無理があった」「手応えが感じられない」「面倒になった」「難しすぎる」などなど。こうならないように英語の学習方法は選びたいものです。それには実績や学習ストレスなどに着目した方法選びが大事です。

英語の成功イメージ
英語の成功イメージを描くことは英語学習を続ける上ですごく大事なことかもしれません。もし、これまでの英語学習の失敗で自信を失いかけているのでしたら、まずは自信を取り戻す事が大事かもしれません。半信半疑で英語学習を続けても効果が半減しかねません。英語ができるようになった自分をイメージしてどんないい事があるか?どんないい思いができるかを想像して楽しむことも英語習得に役立つかもしれないです。

誰でもできる英語
英語は方法次第で誰でも身につけられるはず。実際、英語圏の国や地域に行けばみんなが当たり前のように英語を話します。英語が身につかないのは、英語の学習方法に問題があるからの場合が多いです。間違った方法で自信を失う前に、実績のある英語学習方法に変えてみることも大事です。方法には相性もありますので、いつまでも結果の出ない方法にこだわることはないですよ。

柔道のことです.

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちら (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved