定番の英語教材がやってきた!

面白くて、癖になる。 やる気が、英語力に変っていく予感!

アルクの1000時間ヒアリングマラソンといえば、英語教材の定番中の定番。

到着したヒアリングマラソンをわくわくしながらあけました。 中には、テキスト、CD、「ENGLISH JOURNAL」が入ってました。

ひと月分だけで、英語の素材や教材がたっぷり。 やりがいも たっぷり。

ヒアリングマラソンもそうですが、気になった「ENGLISH JOURNAL」。 パラパラ見るつもりで開いてみると・・・

目次を見ると、まずこの号の表紙を飾ってたマイケル・ジャクソン。 それと「会話をつなぐ極意5カ条・・・」。 う~ん。 パラパラ見るつもりが、しっかり読んでしまいました。

この「ENGLISH JOURNAL」にも音声CDがついていて、これだけでも、楽しみながら たっぷり勉強になりそう。。。

で、やっと本題のヒアリングマラソン。 まずは、勉強のやり方の確認しなくては。

「多聴」「精聴」「リピーティング」「シャドーイング」・・・いろいろ書いてて、「ややこしいかな・・・」と思ったけど、とにかくCDを聞きながら試してみよう・・・。

で、始めてみると 意外と簡単。 あちこち読むより、まずCDを聞いてみましょう。直感的に学習の流れが分かりましたよ。

とはいえ、見落とし・勘違いは 学習ロスなので、再度ちゃんとやり方をチェックすることも大事ですね。 とにかく、流れるCDとテキストの組合せで勉強を進めていきます。

CDとテキストで、たっぷり英語三昧に浸れます。 学習とはいうものの、ヒアリングが主体ですので、受験勉強などとは違い、リラックスして楽しめる感覚も。

音声だけをMPプレーヤーに落として、 隙間時間や何かをしながらでも英語が聞けます。 電車・バスの中とか、ドライブ中のBGMとしてとか、家事をしながら、・・・。 とりあえず、耳が空いたときに聞くことにします。 聞くだけなら、毎日1時間くらいは なんとかなりそうかな。でも1年で1000時間聞くには3時間確保が目標。 こうしてたくさん英語を聞くって、教室やスクールには ない 英語習得のための近道ですね。

内容的には いろいろな切り口で英語が学べるので、習得も早そうですし、あきずに続けられそう。

そしてタダ英語を学んでるというだけじゃなく、取り上げられてるテーマ・内容が興味深いことも 嬉しいです。 つまない内容なら、あきちゃいますからね。 実用的な知識や、ニュース、物語、・・・などなど、読みたい・聞きたい と思える内容だから いいんですね。

テキストには聞いた日付とともに、5段階の「キキトレ度チェック」のメモ蘭があり、学習の進度を確認しながら進むので、続けるほど手応えが感じられるしくみでした。

こんな感じで、「ヒアリングマラソン」は、やる気にかなり応えてくれそう。 また1年で1000時間という 具体的な目標が あるのもいいですね。 でもね。 ある程度コミュニケーションに使える英語になるまでなら、1000時間も要らないんじゃない? と期待に胸が膨らむのでした。 ま、まだ始めた ばかりですけどね。


↑↑ クリック ↑↑
今こそ始めよう!英語力アップ

ライバルの英語教材と比べると・・・

例えば、聞き流すだけの英語教材で有名な「スピードラーニング」は、英語の後に、日本語で意味が流れる仕組みなので、ホントに聞き流しだけで完結します。 ですので、テキストはありますが、ほとんど使いません。 スピードラーニングのほうが気軽にできる感じです。 でも気軽さと引き換えに、ホンキで英語に取組もうと、やる気満々の人には物足りなさを感じるでしょう。

しっかり勉強したい派には、「ヒアリングマラソン」のほうが 感触がいいと思います。 ヒアリングマラソンのほうが、積極的に学べて、英語習得まで 時間的にも近道だと思います。

↑↑ クリック ↑↑
今こそ始めよう!英語力アップ


英語学習の方法

英語のやる気
英語学習のやる気はどんなときにアップするでしょうか?まずは英語を始めようと決意したときですね。そして、身近な誰かの英語習得の成功体験を聞いたときとか、英語学習をしていてふと英語のフレーズが聞き取れたとかの手応えを感じたときとかでしょうね。英語学習のやる気を高いレベルで維持するためには、ライバルたちと情報交換したり、手応えを感じられる学習方法を選ぶことも大事になってくるでしょう。

海外旅行前こそ英語
海外旅行前こそ英語ですね。海外旅行が近づくにつれて、英語に対するモチベーションも集中力も高まりやすいのでこのチャンスを逃す手はありません。でも海外旅行が近づいてくると仕事の区切りや、旅行準備など他のことも忙しくなってくるので、できるだけ早く始められることと、隙間時間を有効に使える英語学習がポイントになりそうです。

中学校と英語
昔は中学校から英語の授業が始まりました。そして多くの子供が始めて英語を習い出す状態でした。幼児英語や赤ちゃん英語が珍しくない今では考えられないような状況ですね。時代とともに英語の重要性が高まってきているということですね。英語学習の内容も昔とはかなり違っています。

慣れない英語の発音
日本人にとって慣れない発音が多い英語は習得が難しい言語かもしれません。でも、慣れない音なら慣れればいいんです。もちろん慣れるためには繰り返し聞く必要がありますが、なれることで英語は克服できるはず。英語の学習は、表現方法を覚えるより先に、音に慣れることのほうが本当は大事かもしれません。音になれて聞き取る力がついてくれば自信にもなりさらにモチベーションも上がってきます。英語習得のポイントはまずは音だと思いませんか。

わが子に英語
わが子が小さいうちから英語を始めさせる人たちは多いです。英語は小さいころの習い事の定番の一つですね。ますます重要になりそうな英語ですから、無理なく習得できるのがいいことですね。近頃は親の英語力に関係なく子供たちに質の良い英語教育を受けさせられる環境が整っています。英語で苦労した人ほど子供には英語で苦労させたくないと思うのかもしれませんね。小さいころの英語教育は、そのときにしかできない親からのかけがえのないプレゼントになるかもしれませんね。

Copyright © 2009 やりなおし英語ぱらだいす※方法&やる気が出るトピック集. All rights reserved